MEMBER人を知る

2010年入社

笛田 皓也フエタ コウヤ

大阪産業大学経営学部経営学科
店長

店長としてより成長し、将来はカノーの中枢に
好奇心が強く前向きな方、一緒に成長しましょう!

カノーを選んだ理由

頑張れば評価してもらえ、上を目指せる
その言葉が入社の決め手になりました。

高校、大学とスーパーやコンビニでアルバイトをしていました。楽しく仕事ができたことが、スーパーで働こうと思ったきっかけです。就職サイトで大阪府内の流通業を検索していたときに、カノーを見つけ応募。地域密着型スーパーの文字とほぼ大阪府内に出店しているところに興味を持ちました。就職氷河期で厳しい状況のなか内定までが早く、うれしかったことを覚えています。当時の人事部長が、「この会社は今成長中で頑張れば頑張るほど評価してもらえ、上を目指すことができる」とおっしゃった言葉が決め手となりました。
新入社員研修では、数字についての座学や電話対応、また現場でのレジ業務、各部門を2週間程度経験。アルバイト時は数字もまったく知らず、電話対応もしていなかったので、覚えることがいっぱいでした。社内の雰囲気はとても明るく、仕事がしやすい環境でした。また、フレンドリーな方が多く、相談もしやすかったです。店長との距離が思った以上に近かっただけではなく、研修で入った店舗が新規オープンの時期だったこともあり、本部スタッフの方とも話す機会がたくさんありました。

担当から主任になって

本部スタッフがフォローしてくれ
主任をしながら勉強させていただきました。

アルバイトでやってきた経験が活かせると食品課を希望。最初の配属は枚方店で、食品課の担当になりました。主任に仕事を細かく教えていただき、すぐに豆腐などの定番発注を任せていただきました。アルバイトでしていた作業は品出しやPOP作成でしたが、入社後すぐに発注や売り場の構成を任せてもらえるなど、自分がやりたいだけいろいろな仕事をさせてもらえるのだと実感しました。
私は異動が多く、1年の間に研修店舗を入れると5店舗経験しました。5店舗目は新店でしたが、商品の発注やチラシづくりのほか、1年目なのに店長や主任と一緒にパートやアルバイトの面接をすることも!
2年目の後半には桜川店で主任代行になりました。出店ラッシュ時に入社したため人材が足りなかったのだと思いますが、いいタイミングだったと思います。ただ、若くて経験も少ない。他の主任に比べてどこまでできているのか不安があり、プレッシャーは大きかったです。ありがたいことに、本部スタッフの方がしっかりフォローしてくださいました。私自身の考えを聞いて、一緒に売り場づくりをしてくださるなど、主任をしながら勉強させていただいたと思っています。
心がけていたのはコミュニケーションです。主任一人では仕事ができません。部下やパートさんとコミュニケーションを取り、意見を聞いて話し合って物事を決定します。意見を出し合うことでモチベーションがあがり、売り場にも反映されることを知りました。

現在の仕事とやりがい

さまざまなチェックやトラブルに対処
全員で売り場を改善しお客様に支持されるお店に。

改装店や新店舗に着任させていただくことが多かったので、大きな事故なく、納得のいく売り場をつくり、開店を迎えることができるたびに達成感を感じました。改装や新規オープン時には、商品が届かない、売り場補充ができずに欠品するなど大きな問題が発生することも。それらをクリアし、何ごともなく運営できるようになると、毎回、頑張ったなと思います。
一番心に残っているのは、四半期に一度ある努力還元金をいただいたこと。売上・利益を確保し、人件費も予算内に収めないといけないためハードルが高いのですが、目標を達成し努力還元金をいただいたときは、自分のやってきたことが会社に評価されたのだと感じました。
初めて店長になったのは堺店です。中間管理職研修は受けていましたが、半年も過ぎたある日、突然、店長にと言われ「まさか! 僕が店長をしていいの。大丈夫なのか」と驚きました。店長になると店舗を運営する上での金銭管理、施設管理、すべてのスタッフの労務管理をしないといけません。ですが、事務所にいることは少なく、毎日、入口の青果から順に、品出し、鮮度、売り場構成などをチェック。発注チェック、生鮮バックヤードでの在庫チェック、店舗の外周を定期的にチェック。主任を呼んで一緒に考えてもらうこともあります。また、施設設備の破損やお客様からのクレームなどトラブルは日々、起こります。問題が起きたらすぐ対応できるよう心がけています。もちろん、スタッフとのコミュニケーションを大事に、全員で売り場改善と売り上げアップに取り組んでいます。

将来の目標と学生へのメッセージ

会社の期待に応え、将来は
カノーを背負って立つ人間になります。

この会社は頑張れば頑張れるだけ評価してくれます。新店の出店も多く、これからどんどん伸びていく会社だと思います。新入社員の時から本部スタッフとの距離が近く、社長や専務からも声をかけていただけます。新卒への待遇も手厚く、一日でも早く管理職に就きたい方はカノーをおすすめします。
私自身は店長になって間もないので、まずは、大型店をも任せていただける店長になり、複数店舗をフォローするスーパーバイザー、その後は本部スタッフとして店舗運営や人事、新卒採用などにも携わりたいと考えています。これまで思った以上に評価していただき、早く出世させていただいた、その期待に応えたい! 将来はカノーを背負って立つ人間になります。
主任になってからもさまざまな店舗を回りましたが、地域特性があります。若いお客様が多い店、高齢のお客様が多い店、近くに競合店があれば価格訴求も必要です。それぞれの特性や客層を把握し、発注量を変えなければならないので異動当初は大変ですね。
ただ、気持ちは主任時と変わらず、どこを良くすればいいかは現場の人間にしかわからないので、社員やパートさんとしっかりコミュニケーションを取るようにしています。

1日の流れDaily Schedule

7:30
出勤

店舗外周また店内危険箇所がないかチェック

7:50
品出し

主に食品部門の品出し、POPのチェック

8:45
開店準備

賞味期限チェックに周り、開店コール

9:00
鮮度チェック

開店後各売場の鮮度チェックに周り鮮度の悪い物がお客様の手に渡らないように管理

11:00
売場補充・発注

特売商品等の商品補充・定番特売の発注業務

13:00
昼食

アプロのおいしいお弁当を食べて元気いっぱい!

15:00
清掃

床や棚の汚れがないかチェック

16:00
夕方の鮮度チェック

夕方の鮮度チェックに周る

17:00
翌日の売場管理

翌日売り出し分の商品が適正な場所に積まれているか各売場をチェック

17:30
残業管理

各社員の勤怠チェックし残業時間が適正か管理

19:00
宅飲み

家に帰ってお疲れ様の一杯をいただきます。