MEMBER人を知る

2015年入社

小西 慧志コニシ サトシ

帝塚山大学 経営情報学部
農産課 主任

お客様の支持が数字につながります
お客様に選ばれ、喜ばれる店づくりを目指します。

カノーを選んだ理由

人間関係が良く、思った以上に
若い力を伸ばしてくれる会社です。

カノーは発展途上の会社であるため若い力が必要とされています。
大学のときに販売士の資格を知り3級、2級を取得。流通業に興味を持ち、お客様と近いスーパーマーケットを調べるなかでカノーと出合いました。地域密着型の取り組みや個店主義など、縛られすぎない点に魅力を感じました。決め手となったのは人です。人間関係がうまくいかないと仕事は円滑に進みません。他スーパーにも内定をいただきましたが、内定者懇談会に参加するなかでカノーの方が楽しく仕事ができるのではないかと感じました。
入社後感じたのは、若い力を思っていた以上に大切にしてくださるということ。やる気があり、仕事に対する前向きな姿勢や元気がある人は積極的に評価してくださいます。私も3年目という早い時期に主任に抜擢されました。

現在の仕事とやりがい

お店全体を活気づけられる
農産の仕事は面白いです。

研修で各部門をまわるなか、農産が面白いと思いました。食品課のように他社と同じ商品(メーカー品)を並べるのではなく、商品の鮮度や陳列方法でアピールすることができます。また、売り場が入口近くにあるため、良い売り場をつくることでお店全体を盛り上げることができます。「どんな風にすれば売れるかな、お客様が喜んでくれるかな」と考えながらいろいろな仕掛けをするのが楽しいです。旬の食材をどこに陳列するか、季節の先取りなど工夫することで売り上げが上がるとうれしいですね。ただ、農産は天気や災害に左右され、日によって価格が変わるため発注は難しいです。
主任になってからは、売場管理や発注、シフト作成、また責任者としてスタッフに教育することなど、売り上げアップに向け、日々、頑張っています。店舗ごとに発注量も売れる日も違います。異動1ヵ月目に発注量が読めなくて大失敗したことも。反省点を紙に書きだし、ニーズやトレンドを考えた売り場づくりを進めることで、次の月からは数字を上げられるようになりました。

将来の目標と学生へのメッセージ

店長となり、お客様にまた来たいと
思ってもらえる店づくりをしていきます。

初めて主任になったとき、売り上げを絶対に上げると決め、教わったこと、失敗して学んだことを考えて行動しました。それが形になり、お客様から「売り場がきれいで買いやすくなった」と言われた時、数字が上がった時には達成感を得ることができ、成長したと感じました。
カノーは明るい社員が多い会社です。特に店長が明るく、働きやすい環境をつくってくれています。従業員が楽しく仕事ができる環境だからこそ、お客様も来たいと思える雰囲気になるのだと思います。私も店長になり、働きやすい環境をつくり、お客様にまた来たいと思ってもらえる店づくりをしていきます。
カノーはまだまだ伸びる会社で若手にもチャンスがあります。若いうちから責任ある仕事を任せてもらえます。一緒にカノーを盛り上げてくれる方を待っています。

1日の流れDaily Schedule

7:00
品出し、鮮度チェック

開店前に商品の鮮度管理と陳列を行います。

9:00
荷物の整理

市場より朝便で届いた商品を冷蔵庫に整理していきます。同時に商品のチェックも行います。

10:00
明日の売価変更表や売場レイアウトを作成

明日の値段設定や売場の変更を考えます。

12:00
事務作業

伝票やメールを確認して明日の発注書をまとめておきます。パートさんへの加工指示書の作成。

13:00
昼の荷物整理

市場より昼便で届いた商品を冷蔵庫に整理していきます。同時に商品のチェックも行います。

14:00
休憩

近くにある「タコハウス」というたこ焼き屋さんがお気に入りです♪

15:00
発注

売場の減っている商品と冷蔵庫を確認して明日の発注を行います。15時半からは清掃を行います。

16:00
売場で売り込み

売場に出て売り込みの声出し、また品出しや売場整理を行います。

18:00
鮮度チェック

売場の鮮度チェックを行います。

19:00
来週の発注やチラシ作成

チラシの原稿を書き、1週間後の発注を行います。メールをチェックして帰宅。

関係者インタビュー

COMMENT

上阪 寛史 KOUSAKA HIROSHI

店長

関係:上司

● 業務内容について教えて下さい

農産課主任として業務にあたっています。 数値管理・売場管理・農産課員の管理をおこなっています。

● 小西さんとの関係性

店長と農産課主任で、上司と部下の関係性になります。 農産コーナーは超目玉商品も多く、旬の食材も多様なことからお店の顔になる部門であるので、 売場作り・商品の選定・鮮度チェックなど綿密なコミュニケーションを図っています。

● 小西さんの個性について

いつも元気に売場を駆け回っている小西主任。他の部門に負けないようにいつも闘志を燃やしていますが、彼の一番のポイントは仕事に対する情熱です。 毎日の予算達成に向けて元気にお客様にマイク放送での商品のアピール。売場でのお声掛け、もう1品売りたい!という情熱が伝わります。
主任に昇格したひと月目、そのやる気から大失敗をして大泣きしていたのを思い出します。 その失敗を反省し、更に成長してくれました。今や店舗にはかかせない人材になっています。