MEMBER人を知る

2013年入社

杉垣 大樹スギガキ ダイキ

近畿大学 短期大学部商経科
食品課 主任

仕事は一人ではできません。
今は課の喜びが、自分の喜びです。

カノーを選んだ理由

自分のやり方次第で
売り上げが変わる面白い仕事です。

短大時代にスーパーでアルバイトをしていました。自分が陳列した商品が売れていくのが楽しくて、ずっと働くならイヤな仕事をするよりやりたい仕事をやろうとこの業種に絞りました。カノーは地域での特色を活かした販売戦略を立てていると聞き、興味を持ちました。
今は食品課主任として、数値管理、スタッフ管理を行っています。季節により大きく販売数が変わるため、それに合わせた売り場づくり、発注を行います。毎日販売データを見て、好調・不振部門を確認し、少しでも数字を改善するために、パートさんと一緒に売場づくりをしたり、発注の見直しをしたり…。自分のやり方次第で数字や利益が変わってくるのが面白く、挑戦しがいがあります。

現在の仕事とやりがい

スタッフ全員で取り組み
協力して働く楽しさを知りました。

最初の配属は、一番売り上げが高い店舗でした。食品課の中にはカテゴリーごとに10部門ありますが、担当部門を持たずに売場づくりや、商品に触れることから指導してもらいました。売り場を幅広く見ることができ、基礎から教えていただいたことが主任となった今、役立っています。
カノーでは毎月、各部門販売コンクールを行っています。全店で1位を取るのは大変難しいのですが、パートさんと協力し、大きいPOPをつけるなど目立つ売場づくりなどして1位を獲得したことがあります。最終日にパートさんとハイタッチしたことを今でも覚えていますし、その経験で「協力して働くことの楽しさ」を学びました。
今のやりがいは、課の全員で取り組んで予算を達成すること。チラシが入る前日には計画的に役割分担を行い、当日必死に販売努力をします。売る工夫を忘れず、売り場の改善を続けます。担当者の頃は自分の数字だけを見ていましたが、主任はスタッフに頑張ってもらわなければなりません。どうすればみんなが前向きに挑戦してくれるかを考えて実行し、それが売り上げにつながると本当にうれしいです。

将来の目標と学生へのメッセージ

店長になり、チャレンジできる環境
より良い店づくりを実現します。

いくつかの店舗を回りましたが、カノーはやる気を出して挑戦していたら見てくれている会社です。学ぶ事を忘れず、明るく前向きに働いていたら、2年目で主任にしていただけました。店長はやりたいことは何でもチャレンジさせてくれ、失敗しても見守ってくださいました。縛られる環境だったら今の自分はいません。自分を育ててくださった店長に感謝しています。
今後の目標は店長です。店全体のことを思い、予算達成するために日々何ができるかを考えながら働き、みんながチャレンジできる店づくりをします。いろいろな経験をし、それを糧にしながら、任された店舗をいかに良くするかをやりがいにしたいと思います。
学生の皆さん、カノーはやった分だけ評価される会社です。活気盛んでやる気がみなぎっている方、ぜひ僕らに力を貸してください。

1日の流れDaily Schedule

7:00
出社・売場補充

納品された商品を陳列します。

9:30
データチェック

昨日の売上・荒利を確認。好調、不調部門を分析します。

10:00
売場づくり

先ほど確認したデータをもとに数字改善するため売場変更や商品陳列を行います。

11:00
発注

天気やチラシ日を考慮し、翌日の定番商品または明日以降の特売商品を発注します。

13:00
休憩

気になる商品や、新商品をなるべく食べるようにしています。

15:00
売場補充

夕方のピークに合わせて売場変更、補充を行います。

18:00
明日の準備

明日に必要な業務を確認します。一日の最後の仕事です。

19:00
自由時間

予定より早く終われば他社の視察に行ったり、家に帰るとランニングしたりゴロゴロしています。