ABOUTアプロの歴史

アプロの歴史

創業時

昭和28年、たった3坪の敷地から会長の嘉納利文が菓子小売「嘉納商店」を開業しました。 昭和42年、株式会社カノーを設立し、菓子の卸売部門を開設。各市場内の菓子店へ卸売りを実施し、ピーク時には直営店・FC店併せて150店舗にまで増えました。
しかし昭和50年代に入ると、スーパーマーケットなどの大型小売・量販店の登場による小売市場の衰退が始まりました。

第二期

昭和53年、市場内での菓子FC店事業の撤退。
昭和54年にスーパーマーケット事業の1号店となる、「サンツルミ」をオープン。当時はグロッサリーのみ直営で、その他魚屋、八百屋、肉屋はテナントという運営スタイルで実施していました。
その後出店が加速し、店舗イメージ統一のため名称を「嘉納(喜んで受け入れること)」の英訳である「アプルーバル」に統一。
そして平成7年には100%直営店舗となる「食品館アプルーバル」法善寺店をオープンしました。

第三期

やがて、呼びやすさ、親しみやすさを考慮して「食品館アプロ」の名で次々と店舗展開し、平成14年には店舗数が20店舗、そして平成20年には店舗数が40店舗となり、現在も新規出店を続けております。

2019-

これからのアプロ

現在の地域密着のこだわった店づくり、仕入れ、価格のすべての出発点は、小さな市場店舗が原点です。その頃の気概を忘れることなく、同時に時代の流れ、ニーズを敏感に反映したシステム・サービスを柔軟に導入しながら、今後も「限りなき前進」(当社の社是)を続けてまいります。